けんたろうちゃれんじ

無謀にもほぼ無貯金でフリーランスになった男が日々感じたことなどを書き留めるブログ。

手作りバレンタインチョコを彼女に渡してみた!【モテる男っていうのはこういうことなんだなぁ・・】

どうも~~!生まれて初めて逆チョコをしたけんたろうです~~~~!

 

ぱちぱちぱち(拍手)

 

前回の記事で、人生初のお菓子作りとして生チョコを作った記事を書きました。

 

▶前回の記事はこちら!

kentarou-blog.hatenablog.com

 

作ったのは一昨年の2/9(土)で、渡したのは昨日2/10(日)でした!

 

彼女は苦いチョコが好きなのは知っていたんですが、念の為事前にもう一度確認したんですね。

「甘いチョコと苦いチョコどっちがええ?🤔」みたいな

そして「苦いチョコ!」という返答が帰ってきたので、「おう」とだけ返信したところ、

「なに?バレンタインデーくれるの?♡」と帰ってきたんですね。

 

やべえ、バレたらサプライズ感ないな、と思っていたので、このタイミングであえて「うん、そうだよ?」と返答。

 

彼女はまたいつもの冗談か、と勘違いして「楽しみにしてる」的な反応でLINE終了。

 

そしてチョコを渡す日。

 

暗い、良い雰囲気の中で渡したかったので、なにを考えているかわからないけど、唐突な「ホストごっこやろうよ」提案。

 

彼女は顔が「???」となりながらも「いいよ。」との返答。

 

俺がテーブルにお菓子を並べ、彼女のお母様が作ってくれたおでんを彼女が持ってきてくれたので、それもテーブルに置いてお酒も並べました。

 

部屋を暗くして音楽はドラムンベースを掛けて気分はエセホストクラブ

 

www.youtube.com

※こんなやつ。このMixが好きすぎてPC作業中は大体これを聞いています。

 

ちなみに余談ですが、以前トンデミに行った時もまさかのFeintが流れていてテンションが密かに上がりました。彼女に「Feint流れてるじゃん!?」って言ったら無表情で「誰?」って言われました。Feintを知らなかったのか、俺のことを知らなかったのかは未だに定かではありません。

 

 

▶トンデミに行った時の記事はこちら!

kentarou-blog.hatenablog.com

 

 

あと、可能であればミラーボールも使いたかったなぁ、などと。

 

▶ミラーボールについてはこちら!

kentarou-blog.hatenablog.com

 

これ、未だに2個予備があるし、未だに自宅のトイレはミラーボールなんですよ。

俺はあまり行儀が良くないことは分かっているんですが、トイレに雑誌とか本とか持ち込むんです。夜はまったく読めませんからね、暗すぎて。

 

 

さて、かなり脱線したので話を戻します。

部屋をエセホストクラブにしたら、会話もホストクラブっぽくしようと

「はじめまして~~~!指名ありがとうございます~!けん(源氏名)ですーー!よろしくおねがいします!あ、隣座っていいですか?」と軽くジョブ。

 

その後に席に座る了承を得たので、お礼を言ってから「お名前なんて言うんですか~~?あ、お酒はカシスウーロンでいい?」とさらにジョブを放つ。(彼女は俺の家ではいつもカシスウーロン)

 

「○○(彼女の名前の一部をもじった名前)です。」と返答。

まさかの仮名返しに軽く動揺しつつも「○○ちゃんね~~~~~!可愛い~~~!」などと茶番を続ける俺。

 

途中で「そろそろ勝負に行くか・・」と決意し、「チョコとか好き~~~?」と訊くホストけん。

 

彼女が無難に「あ、好きです~」と返したタイミングで食い気味に、「お店(俺の家)に入る前に、LINEとかで甘いチョコと苦いチョコどっちが好きか訊かれなかった~?」と返す俺。

 

「訊かれました!苦いチョコって答えました!」に対して「今バレンタインデーイベントやってて~~~、お客さんにチョコ渡しているんですよ~~」とカウンターを繰り出す俺。

 

「え、チョコ貰えるんですか!?」と40%くらいテンションがアガる彼女。

 

渡しましたよ

 

 

 

 

 

 

くちどけカカオを!(近くのドンキホーテで100円で購入)

 

f:id:kentarou_blog:20190211173708j:plain

 

 

呆然自失な彼女。

その後、「え!!これもう開いてるじゃん!!開いてるんですけど!!!!笑」と爆笑する彼女。

 

「普通プレゼントって未開封のものをあげますよ!!!」と笑う彼女。

 

 

「え~~~、未開封のものですかぁ。分かりましたぁ。」と言って引き出しをあけてチョコを手に取り、彼女に渡す俺。

 

f:id:kentarou_blog:20190210184609j:plain

 

 

 

「え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!本当にあるの!!!!!!!」

 

「これかなりレアなブランドなんだけど、見たことある?めっちゃ並んで買ったw」

 

「見たことない!有名なの?え、本当に分からない・・」

 

「パティシエの名前はけんたろうって人」と伝えるとめっちゃ目を見開き、2秒後に笑い出す彼女。

 

「チョコの味訊かれたから買ってくれるんだと思ってたらまさかの手創りwwwwwwウケるwwwwwwwめっちゃうれしいwwwwww食べていい?wwwwwww」と笑いが止まらない彼女。

 

口に入れたら結構お口に合ったようで、ニコニコでした。

ただ、そこでチョコ作りにおいて疑問だったとあることを訊く俺。

「なんかさー、チョコが溶け切ってなくて、口に入れたらちょっと硬い部分あんじゃん?あれどうすればいいの?もっと刻んでから熱した生クリームと混ぜんの?」

 

「いや、溶け切らなかったら湯煎すんのよwwwwwww」とまた爆笑する彼女w

 

www.lotte.co.jp

 

鍋に生クリームを入れて火にかけ、沸騰したら火を止めてガーナミルク(ガーナブラック)に加え、泡立て器でゆっくり混ぜてよく溶かす(完全に溶けなければ湯せんにかける)。

 

確かに書いてあるーーーーーーーーーーーーーーwwwwwww

 

だけども、これが意外といい味出してて、美味しいんですねw

彼女も「こっちのほうが美味しい!」と言っていて不幸中の幸いという感じでした。

日頃の行いがいいからこういうラッキーが降りかかるんだなあと痛感しました。

 

また、夕方に余ったチョコを食べ過ぎて気分が悪いと伝えたら、

「なんでもっと箱に入れてくれなかったのwこんなんじゃ足らないw」と笑われました。

 

▶プレゼントしたチョコ

f:id:kentarou_blog:20190210184500j:plain

 

 

▶俺が1人で食べたチョコ(ざっと4~5倍)

f:id:kentarou_blog:20190210184814j:plain

 

 

今度はタッパーで作ることにしましたw

 

ちなみに彼女のお母様も食べてくれたようで、「美味しい♡」という感想を頂きましたw

 

本当にめっちゃ面白いバレンタインデーになったなー、ちょっと早かったけど!

次はもう少し難易度が高いお菓子に挑戦したいです!器具があるもので頑張りますw

 

モテるキミも、全くモテずに青春時代が灰色だった俺と同じくらいモテないキミもLet's Cooking !!

 

今思うと本当に学生時代に手作りチョコめっちゃ作ってチョコを貰えない男どもに配ったらめっちゃ面白かったし、話題になって女子からチョコ貰えただろうなーーーーーなんて後悔しています!!!

 

くっそーーー、この企画をするためだけに過去に行きてーーーーーーーーーーーーーーーー!!!