けんたろうちゃれんじ

無謀にもほぼ無貯金でフリーランスになった男が日々感じたことなどを書き留めるブログ。

3年勤めた会社を退職するときのこと。 Part2

◆はじめに

日を跨いでしまったのですが、退職するときの話 Part2を書きました。

前回のお話はこちら

kentarou-blog.hatenablog.com

 

Part1では"なぜ仕事を辞めるという発想に至ったか"ということに焦点を絞って執筆したので、Part2では"退職したい旨を伝えた際の周りの反応とそれに対する気持ち"を赤裸々にお伝えしたいと思います。

 

◆1人目:直属の上司

やはり最初は直属の上司に相談 意思表示しました。

退職したいと思ったその日の内に面談という体でアポを取って速攻で

「年内で退職します。何を言われても一切撤回しません。」と伝えました。

あちらは結構驚いたようで、「そもそもなぜ?」と聞いてきました。

その際に回答した内容としてはPart1で記載したとおり、下記2点でした。

●客先常駐の為、通勤時間は片道1時間半

●色んな現場に行ってみたいという要望を入社半年から出しているのも関わらず3年間同案件

それに加えて

フリーランスという働き方を知り、実践してみたいと思ったため

とも伝えました。

 

その際に上司から言われたのは以下のようなことでした。

フリーランスのエンジニアなんて組織に属せない = 社会からのはみ出しモノだよ。良いように使われるだけだよ。」

・・・え?いや~、でも、それって今と何が違うの??

ここにいてもどうせ案件の希望も通らず、良いように使われるだけだよね?なんて感想しか抱かなかったです。

ていうかもう"辞めたい"っていう方向にメーターが振り切れちゃってる状態では何を言われても考えは変わらないよね、他者の意見なんて全部自分の都合がいい意見で反論しちゃうだけだし。

結局この時は愛想笑い浮かべながら思いを伝えるだけに留めました。

0.5%くらいは辞めない可能性があったので、この時点でイケイケモードで自分の意見を振りかざせなかったんですよね。もし辞めなかったら気まずいし。

十分自分の意見を振りかざしているという声はスルーします。

 

◆2人目の上司:部長

直属の上司にお話した翌日? すぐに部長が私の現場に来ました。

本社からも1時間半 ~ 2時間くらい掛かるのに翌日には来てくれたので、それなりに重く受け止めてくれているのかな?なんて思ったりしていました。

面談時に私から部長にお伝えしたことに内容に関しては直属の上司にお話した内容とほぼ同じでした。

それに対する返答としてはやはり直属の上司と同様に以下のようなことでした。

●良いように使われるだけだよ

●もっとスキルを身に着けて独立するというのなら応援する

●ていうかそもそもなんでそこまで決意する前に相談してくれなかったの?

それぞれに対する私の返答は以下の通りです。

 

●良いように使われるだけだよ

→今も同じ状態です。良いように使われてるだけ。

●もっとスキルを身に着けて独立するというのなら応援する

→応援するとかじゃなくて、俺は今辞めたいです。

●ていうかそもそもなんでそこまで決意する前に相談してくれなかったの?

→入社時から色々な現場を見たいといっていて、ずっと伝えていたのに案件を変えませんでしたよね?

 

もちろんこんなやり取りで納得してもらえる訳もなく、現場での面談2時間 + 居酒屋での面談(=サシ飲み)で4時間の計6時間。 炎の6時間面談でした。

ちなみにフリーランスをやりたいと思った1番の理由は「フリーランスという働き方をしてみたいから」というものでして、これだけは絶対に譲れないもので、上司と良い落とし所が見つかるわけもないんですよね。

結局この面談でも「辞めたい」という私と「辞めるな」という部長の考えは決して交わりませんでした。でもお酒とお刺身が美味しかったので満足です。部長、改めて言わせてください。ご馳走様でした。

 

◆3人目:採用担当だった人事部の人

この人には入社時から今まで本当にお世話になっていたので、いつかはお伝えしようと思っていたのですが、"相談"はしようと思いませんでした。

何故ならこの人の反応が完全に予想できてしまう為。

実際に今回の"相談"をした際の反応は以下のようなものでした。

フリーランス?いいじゃんwやってみれば?」

・・めっっっちゃいい笑顔で爽やかに言われました。

もう完全に分かっていたので言わなかったんですよね。

こんな回答をくれた理由を一応聞いてみたところ「結局お前の人生だから止める権利なんかないしね。ていうかお前自身、相談っていうかもう決めちゃってるんでしょ?じゃあ後はやるだけじゃない?」ということでした。

・・いやぁ~、本当に結局のところ俺という人間を1番知っていたのはこの人だったのかもしれない。

ただ、人事部らしく注意点というか警告もしてくれました。

●自分の経歴に傷はつけるな

丸三年働いたので、最低限の社会的信頼は得ているから以降も経歴に傷をつけないように努力するようにということでした。背中を押しつつ、こういう実用的なアドバイスも頂いて本当に感謝しかないですね。傷はつけないように頑張ります。背中の傷は剣士の恥だしね。

 

◆4人目:役員

最後の面談相手は役員です。この人にもとてもお世話になりました。

そして、この人が1番の強敵でした。というのも人生経験が豊富すぎて言葉の重みが有りすぎるんですよね。

さながら金色のガッシュベル!!という漫画に出てくるライバルキャラ ブラゴみたいです。重力で身動きできませんよね、ほんと。

f:id:kentarou_blog:20190106045341p:plain

その人に突っ込まれて1番痛かったのはPart1で辞めたい理由として挙げていた下記の点です。

●楽しそうに仕事をする人が1人もいない = こんな人になりたいという人がいない

 

kentarou-blog.hatenablog.com

 

上記の考えに対して言われたことは

「じゃあお前は他に人から同じように思われてなかったって胸を張って言えるか?」

・・ハッとしました。確かにこれって、結局は自分のことは棚に上げて文句だけ言ってることにもなっちゃうよな~、なんて考えてしまって。

ま、この時には既に辞めることは俺の中で決定してしまっていたので、辞めるという意思を覆すことにはならなかったのですが、"不満を言うだけでなく、自身の行動を見返してみる"というのは大事だと再認識しました。フリーランスって、正社員時代と違って気軽に相談出来る人もあまり思い浮かばないし、こういう考え方は凄く大事だと思ったので常に念頭に置きながら仕事に精を出したいと思います。

 

◆最後に

計4回の面談を行ったのですが、面談を行えば行うほど"辞める"という意思が自分の中で固まっていくのが分かりました。

やっぱりなんだかんだ言って"誰かに話す"っていう行為は大事ですね。

自分の中で考えて、何度も吐き出す(アウトプット)することで、より考えがまとまるということを実感しました。

上で色々と記載したのですが、前会社関係者は9割は今でも好感を持っているし、機会があれば全然飲みに行きたいと思ってます。部長、ゴチになります

後、なんでこのタイミングなの?なんてことも周りから聞かれたりしたのですが、今23歳という状態でアラサーになる頃には結婚等も見据えて安定した生活がほしいと思っています。となると無貯金でスキルもない状態でフリーランスのエンジニアに転身なんて馬鹿げたリスキーな選択は今しかできないんだなぁ~なんて思ってしまったんです。

(言い換えれば期間限定選択です。皆さんお好きですよね?期間限定。私は大好きです。)

上記をとても可愛がって頂いた先輩にお話したところ、

「はへ~~、お前自信あるんだなぁ~」と言われました。

いやいや、逆に言えばまだ23歳。失敗してもいくらでも人生やり直せるって打算があるんですよね~なんて回答したら更に以下のような意見を頂きました。

「いや、それも含めて自信だよ。失敗してもそれをリカバリーすることまで考えた上で選択してる。お前は自信があるんだよ、頑張れよ。」

・・カッコ良すぎません・・?これを言われて初めて「あ、これって自信なのか」なんて考えてしまいました。確かに自信だなこれ。これからも根拠のない自信を持って頑張ります!

 

そういえばどなたかのブログに書いてあった言葉なのですが、仕事を辞める上でとても参考になった言葉があります。(ブログ名は失念してしまいました。どなたかご存知でしたらご教示頂ければ幸いです。)

その方も私と同じように会社を退職しようとした際に、ご友人から以下の問いを頂いたそうです。

"直近1年以内に仕事で楽しかったことは何?"

この問に答えれなかったことから退職を決意したといった内容です。

私も全く同じどころか3年間で仕事をして楽しかったことありませんでしたからね。

業務時間内に楽しかったことなんて研修中の休み時間にジャンケンで負けた人がジャンケンの参加者全員にコンビニで1品奢るというルールでジャンケンを行った際に、戦利品として得たガリガリ君を休み時間が明けても食べてる人がいて講師にガチギレされていたことくらいですからね。

あれは何度思い出しても笑います。ていうかその人、講師の目の前の席ですからね、そりゃ無理だよ。

 

あ、Twitterやってます!もしよかったらフォローお願いします!!!!!

フォロワーさんが増えた通知が来る度にニヤけています。

本当によろしくおねがいします。

twitter.com

 

内容に関して少しでもよかったと思って頂けたらスターを頂けると幸いです!!!

次回は旅行について記事を書きたいと思いますので、お時間ありましたらそちらもご覧ください~~!